quaメモ

ゲームについてのあんな事やこんな事

Aliens Fireteam Eliteのパッチ情報

主にPATHOGEN以降の変更で何がどう変わっているのかについての備忘用。

記事はより古い内容のものが下に、直近のものは上に記載しています。

改修内容については全てSteamが記載元のPC版向けのもので、自動翻訳に入れた内容を文章がおかしい箇所などを私が手直ししたりしなかったり。

ゲームの内容と直接関係無い(1周年です!とか今日はエイリアンの日です!のような)部分については省略。

パッチ情報を取り扱っているサイトやブログは他にもありますがそういったサイトは単に公式と同じものが羅列されているだけなので当ブログでは「このパッチ後に実際のところどうなったのか?」などの使用感を併せて記載しています。

ちなみに私が早期に修正して欲しいバグは以下の通り。

  • プレイ中に同期ズレで切断されるバグ
  • クイックプレイのキューを入れると待機待ち画面に入れなくなるバグ
  • クイックプレイのキューを入れると待機していないことになっているのにいきなりゲームに参加させられるバグ
  • ゲーム開始のカウントダウンが終わりロード画面を抜けた後に何事も無かったかのようにハンガーに戻されるバグ
  • 走ってる時にガクガクするバグ
  • 段差を上がった直後に固まって身動きできなくなるバグ
  • ガンナーがフラグを構えるモーションから戻らなくなるバグ
  • テクニシャンで置いたはずのタレットが置かれていないバグ
  • ドクでコンバットスティムが切れているのに足の速さが戻らないバグ

バグの宝石箱やぁ~!

導入して欲しい仕様は以下の通り。

  • プレイヤー音声のミュート
  • ブロック機能(ゲーム終了後に履歴から選択可能に)
  • クイックプレイで部屋に入った瞬間にゲームモードが判断出来る仕様
  • ゲームのホストが誰なのかわかるようにする仕様
  • チャレンジカードは複数出たらホストのものが適用される仕様
  • エモートに短い定型文を追加できる機能
  • ゲーム内容の戦績がハンガーからも履歴確認できる機能

多分実装されない。。。
 


引用部分はパッチノートを直接翻訳した内容の貼り付け。
 

改修内容

Patch Note 2023/12/13

軽微な問題を修正するホットフィックスをすべてのプラットフォームにリリースします。

バグ修正

パフォーマンスの問題を引き起こしたGuard Dogに関連するバグを修正しました。

※個人的な雑感
野良マルチでガードドッグを使う人が少ない(ガードドッグが与えるダメージが微妙な上に特に野良マルチでは早期にアンブッシュを確認できる通常PUPSが優秀な為)ので不具合に関しては全く気が付きませんでした。
 

Patch Note 2023/10/25

このパッチは、2023 年 10 月 24 日午前 10 時 (PT) に公開される予定ですが、リリース時間は異なる場合があります。

AIシンセティックのサポート能力上昇

AIシンセティックのサポート能力が上昇し、難易度に合わせてより賢くスケールするよう改善。

ホストエラー、切断、キューの問題、クロスプレイ、クラッシュなどを修正するマッチメイキングのアップデート
すべてのゲームモードがクイックプレイに追加されました
追加のログと分析を追加しました
アルファ版とベータ版のアップデート
攻撃力の向上
防御能力の向上
サポート機能の向上
困難に対する調整されたスケーリングと回復
プレイヤーを蘇生する際の動作を調整しました
ファイアパスとフレンドリーファイアに関する動作を調整しました
スリープ モード パラメータを調整し、アルファとベータを適切な時点で少なくとも最小限のエンゲージメント状態にする

バグ修正

ランサー ホード スレイヤー スキンは、エクストリームでホード モードをすでにクリアしたプレイヤーに遡って付与されます。

Epic サーバーに接続するときにゲームが失敗する稀なバグを修正しました。

HEL に関連する欠落している SFX バグを修正しました。

カセドラルブリッジのエクスプロイトを修正。

プレイヤーが追加の消耗品を購入できないリカシタワーのバグを修正しました。

次のチャレンジ カードとパークに関連するバグを修正しました:

  • 最低入札者による
  • 遅いですが確実
  • スタックした雑誌
  • 使い捨ての乗組員
  • 脅威の無力化
  • 連鎖反応
  • サイドアームの専門知識

プレイヤーのつまずきに関連するバグを修正しました。

Guard Dogが適切なダメージを与えられないバグを修正しました。

T22E4 Sargodha N-HANCE Large Optic によって戦士が強調表示されないバグを修正しました。

「麻酔科医」パークが一時的な健康状態を 20% 付与する原因となったバグを修正しました。

EDS-93 Zadak でアニメーションおよび SFX エラーを引き起こすバグを修正しました。

エモート後にガンナーの手榴弾が表示されなくなるバグを修正しました。

プレイヤーがキャラクターの動きを悪用できるバグを修正しました。

プレイヤーがハードコアプレイヤーからの招待を受け入れるとクライアントがクラッシュする原因となるバグを修正しました。

Lancer kit使用時にOCAP-91 VOLCANが誤動作する不具合を修正。

数値の上限を超えた場合にライフタイム統計がマイナスに表示されるバグを修正しました。

すべての Horde モードで Requisition Store が一貫して動作しないバグを修正しました。

アルファとベータがノックダウンされた後に継続的に発砲する原因となったバグを修正しました。
 
※個人的な雑感
このPatch時点でPC版とPS4版共に、
Version 1.0.5 Build QOL 102023-114808
の表記になっていることを確認しているので、どちらも最新状態になっているようです。

>ホストエラー、切断、キューの問題、クロスプレイ、クラッシュなどを修正するマッチメイキングのアップデート

これについて何か修正対応されている感じはほぼ体感出来ません。
10回中の8回切断されているのが7回になった程度の対応だとしたら、体感出来なくても当然かなといった感じ。

某サイトで「PS4がいると切断される」というような旨のコメントがありましたが、同様の問題はPC版で且つ全員PC版でも発生しているのでハードの種別は切断の問題とはあまり関係無いと思います。(クロスプレイONにしている状態でクロス鯖を経由することに問題がありそう)

>すべてのゲームモードがクイックプレイに追加されました

この対応からそうなっているのかどうかは定かではないのですが、クイックプレイの枠組みの中にホード系が入っているのはかなり横暴な対応だなと感じました。

というのも、クイックプレイで作られた部屋に入った瞬間にその部屋が「キャンペーンかホードなのかわからない」状態で待ち時間が発生し、3人揃った時点でようやくゲームモードが何なのかが開示されるという仕組みになっているからです。

私はホードよりもキャンペーンをプレイしたいので部屋がホードだと判明した時点で退出せざるを得ないのですが、予めホードする予定で部屋を立てている人からするとこれは結構な迷惑行為になっていると思います。
とは言え、何のゲームかが開示されないのでそうする以外の手段が無いのも事実で、最初からキャンペーンのクイックなのかホードのクイックなのかを入口の時点でわけるか、クイックが起点でも部屋に入った時点でゲームモードを開示する仕組みに修正するべきです。

>AIシンセティックのサポート能力上昇
AIの射撃精度の向上で遠近問わず安定したダメージを与えるようになり、回復キットのCDが大幅に短縮され7割程度まで体力が減っていればすぐに回復する仕様に変更されました。
また、インテンスやエクストリームそしてインセインでもAIシンセティックの行う攻撃ダメージはあまり軽減されていないようで、同様に被ダメージについてもスタンダードと同程度に抑えられているようです。(単純に与ダメが上がって硬くなった)

しかし、頻繁に味方の射線を遮ったりAI同士で誤射するという普通のTPSゲームのCPUにはあり得ない挙動については全く修正されておらず、プレイヤーが袋小路に籠っても単騎中央で戦う部分も大きく改善されているとは思えません。(前よりは改善されているのかもしれませんが、前が悪すぎてこの程度では改善を体感出来ない)

背後からの接敵に全く反応しなかったり、味方がダウンした際に無理矢理起こそうとして敵に殴られ中断、の動作を繰り返すのも相変わらずです。
味方を誤射しない、味方の射線に立たない、味方の射線を横切らないという、この最低限の3つは改善して欲しいところ。
 

Patch Note 2023/04/27

このパッチは、2023 年 4 月 26 日午前 10 時 (PT) までに利用可能になる予定ですが、リリース時間は異なる場合があります。

新しいホードマップ、ターミナルコンテインメントの追加。
Intense、Extreme、または Insane のウェーブ 10 を突破すると、いくつかのユニークな報酬のロックが解除されます。

5 つの新しい武器の色 (Extreme+ 難易度の報酬)

  • Duplicity
  • Screentone Highrise
  • Screentone Downtown
  • Screentone Nightclub
  • Screentone Rush Hour

3 つの新しいエモート (Intense+ 難易度の報酬)

  • Break Time’s Over
  • Come Here - Rendezvous
  • Home Run

5 つの新しい武器デカール (非常識な難易度の報酬)

  • Die Mad!
  • Extra Lives
  • Fireball
  • Game Over
  • Pixel Bricks

バグ修正。

武器とアタッチメント

次の影響を受ける範囲統計の問題を修正しました。

  • Appended Magazine
  • Muzzle Brake
  • Holotab Sight
  • SmartAssist Sight
  • Vented Flash Hider
  • Weighted Magazine
  • Forward Mount Laser

スマートガンの無効なターゲット音がホストに聞こえる可能性がある問題を修正しました。
スマートガンがクラッシャーの死体をロックオンできる問題を修正しました。

クラスキット、パーク、能力

範囲の説明と統計との不一致のため、いくつかのキット武器関連のパークを更新しました。

  • ランサーヘビーマスタリー - 「射程距離」を「有効射程」に更新しました。
  • ファランクス CQW マスタリー - 「射程距離」を「有効射程」に更新しました。
  • リコン CQW マスタリー - 「射程距離」を「有効射程」に更新しました。
  • テクニシャンハンドガンマスタリー - 「射程距離」を「有効射程」に更新しました。
  • ランサー CQW トレーニング - 「武器射程」を「有効射程」に更新しました。
  • ファランクスハンドガントレーニング - 「射程距離」を「有効射程」に更新しました。
  • ドクターハンドガントレーニング - 「射程距離」を「有効射程」に更新しました。
  • ガンナーライフルトレーニング - 「射程距離」を「有効射程」に更新しました。

ファランクス:「防壁」は、プレイヤーが制御するセントリーガンからスタックを獲得しなくなります。

テクニシャン:「ディープ レバレッジ」がセントリー タレットに正しく適用されるようになりました。

ガンナー: パーク「リモート デトネーター」は、爆発物が敵に直接付着したときに音声の不具合を引き起こさなくなりました。

ランサー: クラシックおよび Wey-Yu キット スキンの背面にスマートガンが取り付けられる場所を改善

特定のタイミングで特定のアビリティを発動すると、移動以外の操作が無効になる場合がある問題を修正しました。

粘着性の発射体 (ガンナーの「リモート デトネーター グレネード」など) が適切に取り付けられず、世界に落ちることがあるバグを修正しました。

オーディオ

リモートデトネーターの発射物に関連するビープ音は、発射物が敵に直接突き刺さり、その結果敵が死亡した場合に停止するようになりました。

チャレンジカード

チャレンジカードジャックポット」のパークの説明が「フォダーランク以上の敵を倒した後、武器は即座にリロードされる」に更新されました。

チャレンジカード「The Bigger They Are」を使用したときに2番目のPathogen Stalkerが出現しない問題を修正しました。

「Prototype Weapons」チャレンジカードを使用するとL33パイクのマガジンが0になる問題を修正しました

重火器で「ワンショットワンキル」チャレンジカードを使用すると、マガジンが完全に空にならない問題を修正しました。

PATHOGEN:空中で撃たれた場合、空中のブライトボムが2回爆発する可能性がある問題を修正しました。

UIとビジュアル

UI の「Damage」では、ツールチップと比較で GlobalDamageStrength が考慮されるようになり、情報の精度が向上します。

ガンナーグレネードの爆発VFXが表示されないことがある問題を修正しました。

ライフタイム統計: 誤ってラベル付けされていた「バレル爆発」統計を、より正確な「爆発バレルキル」に修正しました(このエラーにより不必要に爆発したバレルに心からお詫びを申し上げます)。

Rename Kit または Rename Weapon UI が開いているときにメニューとタブが操作できるバグを修正しました。

武器の外観メニューの武器の色とデカールのスクロール プロンプトを修正しました。

ロードアウト画面からキャンペーン画面またはインベントリ画面に戻ると同時にキットを変更すると、キャラクターがそれらの画面の背景に残る可能性があるバグを修正しました。

パークの特別ストックから購入したチャレンジが正しい通知をプッシュできず、購入が許可されなかったような印象を与える可能性がある問題を修正しました。 カードは付与されており、通知にはその旨が記載されるはずです。

最初のキャラクター作成画面では、Toggle Head Accessories プロンプトは表示されません。

ミッションの説明が壊れる可能性があるマッチメイキングのバグを修正しました。

一般

ミッション「確実にする唯一の方法: 探索」のエリアを滑らかにして、敵が立ち往生する可能性を減らしました。

プレイヤーがチームメニューに 2 回表示される可能性があり、クラッシュが発生してミッションが起動できなくなる問題を修正しました。

DLC の購入によって付与された通貨は、DLC をアンインストールした後でもプレイヤーのインベントリから削除されなくなります。

ミッション「確実にする唯一の方法: ブリーチ」では、より正確に表示されるようにいくつかのウェイポイントが更新されました。

ミッション「確実にする唯一の方法: ブリーチ」の潜在的なエクスプロイトが削除されました。

2人のプレイヤーが同時に弾薬を補充している場合、弾薬の補充が失敗することがある問題を修正しました。

Patch Note 2023/02/08 (Patch 1.0.5.108071)

このパッチは、2023 年 2 月 7 日火曜日午前 10 時 (太平洋時間) までに利用可能になる予定です。

武器とアタッチメント

有効なターゲットがあるときにスマートガンが発砲できないことがあるバグを修正しました。

アクセシビリティ

プレイヤーがスマートガンの「ターゲットに失敗しました」オーディオのオフとオンを切り替えることができる設定を追加しました。

AI

ゼノモーフが頻繁に壁にはまってしまう問題を修正しました。

一般的

さまざまなクラッシュを修正しました。
 

Patch Note 2023/01/25 (Patch 1.0.5.107477)

このパッチは、2023 年 1 月 24 日午前 10 時 (PT) までに利用可能になる予定です。

一部の武器、アタッチメント、報酬が調整され、Horde Mode の報酬メニューが見やすくなりました。

報酬

コスメティック報酬に対する以下の変更に加えて、すべてのゲームモード報酬テーブルが更新され、非コスメティック報酬の同じプールを共有するようになりました。 これは、以前は一部のモードでのみ利用可能だったすべてのパークとアタッチメントがすべてのモードで利用できるようになるということを意味します。 すべての装飾的な報酬は、依然として独自のゲームモードからのみ入手可能です。

以下のゲームモードの報酬に次の変更が加えられました。
Horde Mode の報酬プレビューを再加工し、10 ウェーブの各セットで考えられる報酬をより明確にしました。

Horde モード - Ruptured Cistern: Ruptured Cistern Horde モードから冬のイベント限定報酬が削除されました (Winter Constellations、Deep Freeze、Stay Frosty、Xeno's Greetings、Let It Snow、Holly Berries、南極交通管制、つらら)

Ruptured Cistern Horde モードに次の報酬が追加されました。

3 つの新しいエモート - (Intense+)

  • Respect
  • Elaborate Bow
  • Fist Pump High

3 つの新しい武器の色 - (Extreme+)

  • Warped Mesh Assassin
  • Warped Mesh Ranger
  • Warped Mesh Freelancer

1 つの新しいデカール - (Insane)

  • Peace Through Superior Firepower
ゲームモードの報酬の変更

すべてのモードでアタッチメントとパークの同じ報酬プールが共有されるようになりました。 以前は、一部のアタッチメントはポイント ディフェンスからのみ利用可能、一部のアタッチメントはストック タレットからのみ利用可能、一部のパークはリカシ タワーからのみ利用可能でした。 これらはすべて一緒にプールされました。

すべてのモードで、カジュアルまたはスタンダードの難易度で完了するとアタッチメント/パークの第 1 層へのアクセスが許可され、難易度インテンスで完了するとアタッチメント/パークの第 2 層へのアクセスがロック解除され、エクストリームで追加のユニバーサル パークへのアクセスがロック解除され、ロックが解除されます。 難易度「Insane」の最後のユニバーサルパークにアクセスできます。

ポイントディフェンスの装飾品報酬

以前は特定の難易度レベルでのみドロップされていた報酬が、より高い難易度レベルでもドロップされるようになります。 たとえば、以前はインテンス (およびインテンスのみ) でポイント ディフェンスを破ることで報酬を獲得していましたが、以前に報酬が付与されていない場合は、エクストリームおよびインセインの難易度でドロップするチャンスが得られるようになります。

Horde モード

リカシ タワーのコスメティック報酬:2 つの追加報酬 (難易度を問わずウェポン チェック エモート、Intense+ 難易度では Corpsman Up Decal) が追加されました。より高い難易度をクリアし、以前のティアのコスメティック報酬を受け取っていない場合は、 これらは、より高い難易度の層に関連付けられた報酬をすでに付与されている場合に獲得できます。

リストックタレット

Extreme+ 難易度の報酬として、追加のデカール (リトル バディ、実質的な価値) が 2 つ追加されました。 さらに、より高い難易度でプレイして勝利し、以前の階層の装飾品報酬をアンロックしていない場合、現在の階層の装飾品報酬を既に受け取っていれば、それらの報酬を獲得できます。

ハードコア ゲーム モードの追加報酬変更

ポイント ディフェンス - クエイク
アタッチメントとパークの報酬は、以前は一定数のポイントがアクティブなままである場合にのみドロップされていましたが、追加のポイントがアクティブなままである場合にもドロップされるようになります。 たとえば、アタッチメントまたはパークの報酬が、ハードコア モードでポイント ディフェンスを 1 ポイントだけ立っている状態で (そして 1 ポイントだけ) 破ることによって獲得されていた場合、今後は 2 ポイントまたは 3 ポイントすべてが立っている場合にもドロップする可能性があります。 装飾的な報酬は、3 つのポイントがすべてアクティブなままの場合にのみアクセスできます。

リカシ タワー
以前は特定のウェーブしきい値でのみドロップされていたアタッチメントとパークの報酬が、追加のウェーブしきい値が満たされた場合にもドロップされるようになりました。 たとえば、アタッチメントまたは Perk 報酬が 10 ウェーブ (10 ウェーブのみ) を正常に完了することで獲得できた場合、ウェーブ 20 以上でもドロップする可能性があり、以前は正常に獲得できていたアタッチメントまたは Perk 報酬もドロップする可能性があります。 20 ウェーブ (および 20 ウェーブのみ) を完了すると、ウェーブ 30 以上でドロップするチャンスも得られます。 同様の動作で装飾品の報酬も低下するようになりました。

武器とアタッチメント

武器に次の更新が行われました。

M42A2 スカウトライフル:4 つ星の Perk は3 秒ではなく 5 秒持続すると適切に記載されるようになりました。 これは単なるテキストの変更です。

2B1 Vajra:再適用時に 4 つ星のパークの期間が適切に更新されるようになりました。

L56A3 スマートガン:照準/ADS 中に、有効なターゲットが見つからない場合に武器が発砲できないようにする特別な「ターゲット ロック」機能が追加されました。 これにより、ターゲットが見つからない場合、またはより高い難易度で味方のターゲットが見つかった場合に発砲できなくなります。

武器アタッチメントに次の更新が行われました。
注: 「Proc」とは、一部のアタッチメントやパークを通じて提供されるボーナス効果のランダムな確率を指します。

C34F3 Hamsa Null Compensator:発射速度 +10% も提供するようになりました。

アンチマテリアル ブレーキ:このアタッチメントによって提供されるハンドリングと安定性が +20% から +25% に増加しました。

拡張フィールド ブレーキ:精度も +15% になりました。

M12E1 Patna LiteMag:+10% ハンドリングも提供します。

Stabilizing Magazine:スタックごとに +8% から +10% の安定性を提供するようになりました。

拡張されたリザーブ:処理時間は 3 秒から 5 秒に増加しました。

アライメントモジュール:スタックごとに +10^ の安定性を提供します (+7% から増加)。

Smooth Bore:体力が 20% 以下の敵に与えるダメージが 20% 増加 (10% から増加) するようになりました (15% から増加)。

デュアル レール ブースター:累積的なダメージ対アーマー ボーナスを付与するのではなく、常に +25% のダメージ対アーマーを提供するようになりました。

サーボ支援アーマチュア:記載されている +5% の移動速度が適切に付与されるようになりました。

Bracing Armature:Standing Still proc の説明に +40% Stability (+15% ではなく) が適切に記載されるようになりました。 (本文のみ変更したものです)

Combat Actuator:スタックごとに +3% ではなく +4% の安定性を与えると正しく記載されるようになりました。 (これはテキストのみの変更です)

ホロウポイント:ブラッドプロックは8秒以上ではなく5秒以上同じ量のダメージを与えるようになりました。 最大3回までスタックできるようになりました。

T22E4 Sargodha N-HANCE:スコープ中の敵のハイライトをわずかに調整して、敵をより目立つようにしました。

C36B5 カラチ オーバーウォッチ:このアタッチメントによって提供されるスローが、技術者のクリエイティブ ペイン ポイント ソリューションパークと適切に相互作用するようになりました。

T24C6 Sylhet Stalker:スコープビューでターゲットを適切にハイライト表示するようになりました。

AI

AI コンパニオン手榴弾の基本ダメージを 4000 に増加しました。

アニメーション

キャラクターがカバーにいる間はエモートは機能しなくなりました。

オーディオ

トワイライト V.4 の発砲時の音声がより安定するようになりました。

チャレンジカード

Battlefield Salvage カードでは、ボーナス報酬としてクレジットや XP が付与されなくなりました。
後部に取り付けられたリローダー チャレンジ カードは AI コンパニオンに影響を与えなくなりました。

クラスキット、能力、パーク

DOC:同じパークを持つ別の Doc がキルを取得するたびにフィールド ステーション リプレイサーが追加のトラウマ ステーションを埋めることはなくなりました。
DOC:Doc Rifle Mastery はライフル以外の武器のハンドリングを増加させなくなりました

ガンナー:ガンナー CQW 専門知識によって、非 CQW 武器のハンドリングが向上しなくなりました。

ランサー:マッスルメモリーパークによって提供されるバフは、キャラクターが動き始めたときに完全に落ちるのではなく、一度に1スタックずつ正しく落ちるようになりました。
ランサー:ランサーのヘビートレーニングでは、武器の詳細にハンドリングの増加が適切に表示されるようになりました。
ランサー:ランサー CQW 専門知識が非 CQW 武器の取り扱いを増加させなくなりました

ファランクス:ファランクスハンドガントレーニングパークはハンドガンの射程に正しく影響するようになりました。
ファランクス:ヴァンガードパークは、シールドアップがアクティブなときに適用される10%に加えて、ファランクスの後ろに立っているターゲットに基本の10%のダメージ耐性を正しく適用するようになりました。

リコン:Combined Arms Tactics が近くの味方にバフを正しく付与するようになりました。
リコン:Rifle Mastery が適切にハンドリングを向上させるようになりました。
リコン:Recon CQW Expertise が非 CQW 武器のハンドリングを増加させなくなりました
リコン:Rifle Mastery が適切にハンドリングを向上させるようになりました。
リコン:Recon CQW Expertise が非 CQW 武器のハンドリングを増加させなくなりました

テクニシャン:CQW エキスパートが ADS 移動速度を正しく増加させるようになりました。

榴弾とロケットのトリガー半径機能の問題を修正しました。
パララボコートの肘周りのフィット感に関する問題を修正しました。
男性キャラクターで特定の帽子がキャラクターの頭とクリップしてしまう問題を修正しました。

環境

Ruptured Cistern Horde Mode でキャラクターが動けなくなることがある一部のエリアを修正しました。

一般

レベルのロード中に時々発生するクラッシュを修正しました。
Fabrication Reprocessor を繰り返し使用するとクラッシュが発生することがある問題を修正しました。

UI

一部のツールチップに誤った情報が表示される問題を修正しました。

「ダメージを受けている間はインタラクトできません」というメッセージがクライアントプレイヤーに対して常に正しく表示されない問題を修正しました。

退出時に別のプレイヤーのプロフィールを表示すると、そのプレイヤーの名前が自分の名前に置き換わることがある問題を修正しました。

キャラクター選択画面でカーソルが消える場合がある問題を修正しました。
 

Patch Note 2022/10/13 (Patch 1.0.5.103095)

武器とアタッチメント

C34F3 Hamsa Null Compensator アタッチメントは、発射物ベースの武器で意図したとおりに動作するようになりました。

オーディオ

PATHOGEN:エスターの情報ダイアログの一部に関する問題を修正しました。
十分な弾薬がない状態で発射しようとすると、チャージガン (P.649 HEL など) のオーディオと VFX が永久にアクティブなままになる可能性がある問題を修正しました。

チャレンジカード

PATHOGEN:「Maybe We Got 'Em Demoralized」チャレンジカードは、意図したとおりにブルートに影響を与えるようになりました。

クリップ内のチャージに必要な弾薬の最小量に満たない場合、プレイヤーが銃を撃ったり、リロードしたり、武器を交換したりできない「スタックマガジン」チャレンジカードの問題を修正しました。

クラスキット、能力、パーク

リコン:「Adrenaline Rush」Perkによるヒールボーナスがチーム全体に適用されるようになりました。

Feminine Classic Eliteコスチュームのフィット感に関する問題を修正しました。

PATHOGEN:Mutated Runners、Pathogen Blights、Pathogen DLC の Pathogen Queen が、Pathogen 固有の TacOps の進捗にカウントされるようになりました。

マッチメイキング

プレイヤーがミッションを放棄した後、マッチメイキング グループをロックできない場合がある問題を修正しました。

プレイヤーのブロック リストに無効なプロフィールがあるとオンラインでプレイできなくなる問題を修正しました。

モード

ハードコア:ポイントディフェンスでチームが完全に失敗した後、ハードコアキャラクターが正しく終了しなかった問題を修正しました。

プレステージ:スタンダード キャラクターがすでにロックを解除していた場合、ハードコア キャラクターの最初のログイン時にプレステージ モードが適切にロック解除されなかった問題を修正しました。

UI

プレイヤーがチームメイトのプレステージランクを確認できない場合がある問題を修正しました。

3文字以下のプレイヤー名が正しく表示されない問題を修正しました。

一般

特定の近接攻撃がミッションホストのカメラシェイクエフェクトをトリガーする問題を修正しました。

プレイヤーがダウンしている間に武器を交換すると、武器を交換できなくなる可能性がある問題を修正しました。

すべてのプラットフォームでのいくつかのクラッシュに対処する一般的な修正。